So-net無料ブログ作成
検索選択

アジアの混沌 3 開戦するの!?(私見です)

メディア等はここ最近は森友問題ばかりでもうこの件に関してはお腹いっぱいです。
最近は茶番劇にしか見えてきません。
森友問題も重要なことがあるのでいつか書こうと思いますが、それよりも朝鮮半島問題の方が緊急性があると思うのでそちらを書きたいと思います。

ネットや動画サイトでは北朝鮮が暴発するのではないかとかアメリカが先制攻撃をするのではないか、はたまたキム・ジョウウンを斬首するというような計画が上がっています。

私も何か計画が進んでいるとは思いますが実際はこんなことは超重要機密事項であるし漏れるはずがなくネット等に上がっていることは憶測の域を出ないと思います。

しかし今まででは計り知れないほどの緊張感は高まっていると思います。
私は5月の大統領選挙までには何かしらの軍事行動があるのではないかと思っています。
次期大統領候補で一番支持率の高い方がムン・ジェイン氏です。反日反米という思想を持ち北朝鮮に友好的な人であるという事は有名です。

サードの配置に関して本来は年内に稼働という目標でしたが4月中に稼働させるというかなり前倒しな計画に変更されました。かなりアメリカが焦っているように感じます。
サードとは攻撃する軍事設備ではなく北朝鮮の大陸弾道ミサイル(ICBM)を大気圏外で破壊する防衛システムです。しかしサードに関しては中国がかなり反対しています。サードはあくまでも防衛システムなのですがそれのレーダーがかなり高性能で韓国に配置されると隣国の中国の軍事設備なども監視できるようになってしまいます。そのような理由から韓国に経済制裁を課してでも反対しています。
しかし北朝鮮の危機が無くなってしまえば韓国にサードを配備する必要が無くなってきます。
中国は一応北朝鮮の後ろ盾をするという立場をずっととっていましたので本来であれば北朝鮮の有事があれば北朝鮮に付くと思われますが今回に関してはサードの配備を理由にアメリカの攻撃を黙認するという可能性が高いです。

第二にキム・ジョウウンの性格です。
キム・ジョウウン政権になってから百人以上の粛清が行われました。その中に叔父にあたるチャン・ソンテク氏や先日暗殺された(北朝鮮は否定)キム・ジョンナム氏も含まれます。
粛清された人の中には会議中に眼鏡を拭いたとかあくびをしたという理由で粛清された方もいます。
さすがにお父さんやお爺ちゃんも身内には手を掛けていませんでした。かなりの冷血ぶりです。
そしてマレーシアでのキム・ジョンナム氏暗殺によりマレーシアを含む東南アジアから距離を置かれるようになりました。そしてさすがに今回の件では中国も北朝鮮からの石炭の輸入を停止するという経済制裁を行いました。現在北朝鮮はかなり孤立しているためかなり緊迫している状態と言えます。

余談ですが現状韓国と北朝鮮は先の朝鮮戦争以降平和条約結んでおらず厳密に言うと停戦状態で戦時下にあります。北緯38度線では緊張状態が続いています。
それと日本、アメリカ、韓国は北朝鮮を国家としては認めていません。イスラム国と同等の扱いです。
昔の地図帳や報道などでは朝鮮民主主義人民共和国と表記していましたが現在は北朝鮮としか言いません。外務省の渡航情報にも北朝鮮とは書かれていますが国名は書かれていません。

第三に北朝鮮の軍事技術がかなり進歩しているという事です。
先日はミサイルを四発同時に発射しました。日本の経済的排他水域にピンポイントで落としています。
いざとなれば日本にも落とすことが可能でしょう。経済的排他水域とは日本の領海ではないが日本が優先的に漁業をしたり開発をしても良い水域です。
それと液体燃料ではなく固形燃料を搭載できるようになったのも大きいです。(液体燃料より固形燃料の方が早くミサイルに充填出来て素早く発射することが出来る。)
そしてこの実験は在日米軍基地への攻撃を想定しているとキム・ジョウウン氏も明言しています。
沖縄・横田・横須賀等を攻撃する用意があるということです。

上記の事を考慮するといつ有事が起きてもおかしくない状況にきていると思います。
時期についてはやはり韓国の大統領選前。そしてキム・ジョウウンが近日行うと明言している核実験が行われた時だと思います。
三月から二か月に渡り米韓合同軍事演習が行われていてある意味準備万端な状態です。
核実験の準備に関してはアメリカの衛星でも確認されている模様です。
アメリカのレッドラインを超えるのは明日かも知れないし一か月かも知れません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: