So-net無料ブログ作成

アジアの混沌 2(私見です)

最近チャットなどで韓国の方ともお話しすることがあります。(猫の話ですが笑)
その方はチャット内でも一生懸命日本語を理解してくれてとても感じの良い方です。
私は韓国の人や韓国の食べ物、芸能なども好きな部分もあります。
つまり全世界全民族、人それぞれということです。日本人でも嫌な人はいっぱいいますしね。

しかし韓国は、政治的のあり方と財閥主導の社会には違和感を感じます。
パク・クネ元大統領が今、検察の事情聴取をしておりますが歴代の大統領が全て後味の悪い辞め方をしているのは異常です。その中には財閥との癒着が問題になった方も多いです。
大統領の権限が大きいためそれを利用して財閥企業が得をするという図式が出来上がってしまいました。

それとその時の国民の感情によって政治が動かされてしまってはいけません。
先の記事ににも書きましたが国民の感情で国際的な条約や国との約束事を無視しては国際的に不信感を持たれてしまっても致し方ありません。現在日本政府は韓国の政治の及び司法の在り方に不信感を持っているという立場ですね。

一見、国民が政治を動かすというと良いように思います。しかしそれは法律(司法)を守ることが大前提です。
極端な例で言うとよく日本でも「悪いことしたらみんな死刑」という人がいます。
特に被害者の立場になったり、そうでなくても卑怯な事件の時には大半の人がそう思うことでしょう。
しかし日本ではそのような時でも裁判官が心を鬼にして法律や過去の判例などを基に判決を下します。
それは日本の裁判所が正常に機能しているからです。国民の感情で司法が左右されてしまっては大変危険な国と言わざるをえません。
そういうことを踏まえて慰安婦像の撤去や仏像の返還を韓国は実行しなくてはいけないと思っています。

パク・クネ元大統領が先日弾劾裁判により罷免されました。そのとき韓国国民の中に大喜びする人たちの映像が多々ありました。
パク・クネ元大統領はあなたがた国民が選んだ大統領であり政党なのですよ。本来は恥ずかしいと思うべきではないのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。